Pandora2 キーワードツールの決定版

稼ぐための合法的カンニングツール

稼ぐための合法的カンニングツール

もし、稼げているビジネスモデルをカンニングして
丸写しすることができるとしたら同じように
稼げるようになると思いませんか?

 

今回はそれを可能にしてしまった
Pandora2というキーワードツールの
機能の一部について解説をしていきます。

 

Pandora2で最も驚異的とも言える
禁断機能は「PPC広告サーチ」機能です。

 

これはPPC広告(リスティング広告)に出稿されている
他社の広告のURLから、その商品がどんなキーワードで
出稿しているかを「逆引き」することができます。

 

どんな風に見つけられるのか気になる方は
コチラの動画を見てみてください。

 


Pandora2 キーワードツールの決定版

 

PPC広告(リスティング広告)に詳しくない方のために
補足をすると、PPC広告というのは
検索結果の上位に表示される広告のことで
この広告は入札制となっています。

 

当然、「ダイエット」「転職」「脱毛」といったような
ビッグキーワードと呼ばれる人気のキーワードになると
競合がひしめき合い1クリック数百円から千円以上
といった単価がつくことも珍しくはありません。

 

しかし実際にはビッグキーワードだけでは
広告費も高くついてしまい、ボリュームもそこまで集められない
というのが現実です。

 

そこでPPC広告の運用者がなにをするかというと
複数のキーワードや関連するキーワードで入札を行い
より安く買えるキーワードを幅広く狙っていきます。

 

自社と同じキーワードを入札してくる競合がいなければ
1クリック数円といった最低単価で
アクセスを無尽蔵に引っ張ってくることができます。

 

ひとつの商品に対して300件以上のキーワードで
入札を行っているということも珍しくありません。

 

そして特定のキーワードで効果が合わなければ入札をやめ
また新しいキーワードを探して入札をする、
といった試行錯誤を繰り返していきます。

 

つまり、どんなキーワード群で出稿をしているか?

 

というのはPPC広告の運用者からすると
試行錯誤の結果、蓄積し続けてきた
絶対に知られたくない資産の塊となっています。

 

その絶対に知られたくない資産であるキーワードを
一瞬にして丸裸にしてしまうのがこのPandora2です。

 

このように丸裸になってしまいます。
稼げるキーワード

広告情報がこのデータベース

もしライバルのPPC広告運用担当者がこれを見たら
一瞬にして顔が真っ青になってしまうはずです。

 

なぜこんなことが可能なのか、といえば
それはPandora2が広告情報だけを集めた
宝の山であるデータベースを保有しているからです。

 

過去にPandoraの全使用者によって検索された
全ての広告情報がこのデータベースに蓄積されています。

 

そのデータベースがあるからこそ
こんなありえない逆引きが可能になっています。

 

ツールはあくまでも宝の山へアクセスするための
リモコンのようなものです。

 

開発費1,000万円以上をかけて作られたという
Pandora2の恐るべき禁断の機能です。

 

後にも先にもキーワードツールで
Pandora2以上のものが存在しないということは
想像ができるかと思います。

 

あなたはただPandora2を起動して
ライバルの広告URLを打ち込むだけで
一瞬にして稼げるキーワードを全て入手できてしまいます。

 

むしろ「Pandora2」を持っていないと
稼げなくなってしまう可能性が高いということです。

 

この価値が理解できたら今すぐツールを入手してください。

 

 


Pandora2 キーワードツールの決定版

Pandora2 キーワードツールの決定版

ホーム RSS購読 サイトマップ